足が冷たい!足の冷え対策

足の冷え

足の冷え対策!

投稿日:

足が冷たい!足の冷えについて

足の冷え対策

足が冷たい!

温めてもまったく温まらなくて、ずっと冷たい・・・!

そんな足の冷えに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

冬の寒い時期はもちろんですが、夏のクーラーなどで温度がコントロールされている場所などで、一年を通して足が冷えている人も少なくありません。

足が冷たすぎて、しびれてきたり痛みが出たり、足の指先が冷えすぎて感覚がなく夜も寝られない・・・なんてことも。

程度には個人差がありますが、足が冷えている多くの方へ、

足が冷える原因と足の冷え対策

をご紹介したいと思います。

どうして足が冷えるの?!

体の中でも足は特に冷えやすい部分でもあると言われています。

血液を全身に行き渡らせているのは心臓が働いているからです。

心臓は拍動することで、血液をポンプのように全身へ巡らせていきます。

足は、体の中で一番心臓から離れているので他の部位と比べると血液が巡る力が小さくなってしまうのです。

体の血管は、基本的に心臓から近いほど太く、心臓から離れていくと細い毛細血管になっていきます。

血管が細くなるのも、指先などの末端に血液がめぐりにくくなる原因の1つと言えます。

また、重力も影響があります。

血液は重力の影響で上から下へスムーズに流れることができますが、下から上に行くには流にくくなってしまいます。

なので、足から心臓へ戻る血液は重力に逆らって進まなくてはいけません。

そのことから、体の一番下にある足、なおかつ心臓から選り遠い足先は、もともと血のめぐりが悪くなりやすく、冷えやすい部分であると言えます。

女性の体が冷えやすい理由

全身に血液が隅々までめぐるということは、筋肉の働きも大切になってきます。

男性より女性に冷え症が多い原因の1つに、男性の体に比べると筋肉量が少なく、皮下脂肪が多いということがあるそうです。

皮下脂肪は、一度冷えてしまうとなかなか温まらないという特徴があります。

ですが、筋肉を増やして動かすことで代謝が上がり熱が発散されるので、体温が上がり、皮下脂肪を燃焼させることができます。

仕事などで座りっぱなしだったり、立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢を取り続けることが多い女性の職業は、運動量が少なく代謝が上がりにくいので、血液のめぐりも悪くなりがちです。

血液のめぐりが悪くなることで、エネルギーの源である酸素や栄養素を末端まで運ぶことができにくく、足の冷えが起こりやすくなるのです。

足の冷えの原因をそのままにしておくと、足のむくみ・だるさなどを引き起こすことになり、高脂血症や動脈硬化のリスクを高めてしまうことも考えられます。

そのような足の冷えには注意が必要となります。

冷え対策をしよう!

冷えからきている体の不調を予防・改善するには、冷え解消対策をしていきましょう。

体の外側から冷やさない

特に、首・手首・お腹・足首を冷やさないようにしましょう。

夏は、クーラーなどで体を冷やしすぎないように、薄手の羽織物を準備しておくとよいでしょう。
お腹を温めることで、血液を全身に送り出しやすくなります。

足から冷えてくると言う場合は、冷え取りソックスなどを利用するのも有効です。

体の内側から冷やさない

気温が高い日に屋外で冷たい飲み物や食べ物などを食べるのは良いですが、クーラーの効いた室内でキンキンに冷えたジュースやお酒を飲んだり、かき氷やアイスクリームなどをたくさん食べると冷えすぎてしまうので注意が必要です。

暑い時でなくても、体が不調のときは冷たいものを食べたり飲んだりするのはできるだけ控えるようにしましょう。

体を冷やしてしまいます。

体が冷えたら温める

簡単で効果的に体を温めることができるのは、入浴です。

気持ちが良いと感じる温度の湯船にサッと入るだけでも効果が期待できます。
入浴することで体が温まり、代謝アップも期待出来ます。

毎日シャワーで済ましているというは、週に何度かだったり、体が冷えた時だけでも湯船に浸かることをオススメします。

ただ、長く浸かろうと思うとのぼせてしまうこともありますので、体に負担がかからない入浴をしましょう。

冷えない体作りをする

冷えにくい身体を作るためには、下半身の筋肉を鍛えると良いでしょう。

筋肉の約7割が下半身に集中しているので、効果的です。

体の筋肉量が多いと、代謝や熱生産量が高まるからです。

オススメはスクワットです。

スクワットで鍛えることができる大腿筋(太もも)は体の中で面積が一番大きな筋肉です。
大腿筋を鍛えることで、効果的に筋力アップを狙うことが出来ます。

家事や歯磨きなどのときにつま先立ちをするのも効果が期待できます。

お出かけをするときには、できるだけ階段を使ったり、早歩きをすることも効果的です。

ぜひ、体を冷やさない生活を毎日続けてくださいね。

リラックスタイムを作ろう!

眠りにつく前に、体と心をゆったりと落ち着かせて、ストレスや緊張をできるだけ和らげたいですね。

極度のストレスや緊張は自律神経のバランスが乱れてしまう原因の1つです。

昼間働く交感神経は、活動したり、ストレスや緊張を感じるときに活性化する自律神経になります。

この交感神経が優位な状態が続くと、睡眠の質が下がり、夜中に何度も目が覚めて寝た気がしなかったり、眠りが浅くちょっとした音でも目が覚めてしまったりなどの症状があるのなら、自律神経が乱れていると考えて良いと思います。

心と身体を落ち着かせる状態にする副交感神経が優位な状態に切り替えるには、ベッドに入る前にたっぷりとリラックスすることが大切です。

心を落ち着かせるために、好きなアロマの香りを楽しんだり、ストレッチをしたり、ゆっくりと入浴をして体を温めたり、好きな音楽を聴いたりなどたくさんあります。

あなたに合ったリラックスを見つけてくださいね。

-足の冷え
-,

Copyright© 冷え性改善 研究室 , 2019 All Rights Reserved.