冷え性が原因で太る

温活

温活ダイエットとは?効果的な温活ダイエットのやり方についても

投稿日:

温活ダイエット

温活ダイエット、効果的にダイエットするには?

いろいろなダイエットをしても、痩せにくい!食べるとすぐ太ってしまう!という悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

頑張ってダイエットをしていても、なかなか痩せないのは、もしかしたら体の「冷え」が原因かもしれません。

体温が低いと痩せにくい身体になってしまうと言われています。

ですが、体温が低いからと言ってダイエットを諦めることはありません!

体温をあげて痩せやすい体作りをする温活ダイエットを始めちゃいましょう!

温朝食ダイエットも取り入れてみてください。
朝ご飯をしっかり取ることも、ダイエットには大切ですよ!

温活とは?

温活とは、その名の通り低くなった体温を適正の体温まで上げる活動をすることをいいます。

理想の体温は、36.5度~37.0度と言われていますが、昔に比べて現代の女性は低体温の人が多いと言われています。

体温が下がっている理由はさまざまですが、体温が下がってしまうとむくみや肥満の原因になるだけではなく、冷え性や生理痛、免疫力の低下などの症状が発症することもあります。

温活を初めて日頃から体を温めることで、自分の体への意識を高めて冷え性などの症状を解消していきましょう。

温活をすることで、ダイエットに効果があったり体調や心の不調が改善されやすくなります。

また、美肌にも効果があるので、温活は女性にとって嬉しい効果がたくさんあるのです。

温活の方法は、日常生活で簡単に取りいれることができます。

毎日の生活の中でちょっとしたことを習慣化したり、工夫することで良いのです。

温活をしてダイエットを成功させましょう。

温活ダイエットとは?

温活ダイエットって聞いたことありますか?

温活ダイエットとは、「体温をあげて、痩せやすい身体作りをする」ダイエット方法です。

この温活ダイエットは、体温が低い人にとっても効果があるんです。

温活をすることで体が温まるので、代謝が良くなりダイエット効果があります。

そのほかにも、身体の不調などを改善することもできます。

特に体温が35度代の人は、温活ダイエットがオススメです。

体を効率よく働かせ、痩せやすい体を手に入れるには、体温が36.5度~37度くらいを保つことが必要となります。

そのため、冷え性や体温が低い人は温活をして痩せやすい体を手にいれましょう。

体温が1度上がることで基礎代謝が13%上がると言われています。

基礎代謝は、心臓や内臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を維持するなど、だまったままでも消費していくエネルギーです。

なので、1度でも体温をあげるようにしましょう。

温活がどうしてダイエットに良いの?

体温が低かったり、冷え性の人ほど効果が出やすい温活ダイエットですが、どうしてダイエットに良いのでしょうか。

脂肪が燃焼効果がある

体温が低い状態ですと、血管が縮んで血流が悪くなっていまします。

温活ダイエットを始めて体温が上がると、血管が拡がって血流がスムーズになります。

血流がスムーズになることで、体の細胞一つ一つにしっかりと栄養素や酸素を送ることができます。

結果、胃や腸などの内臓が活発に働き、エネルギーを消費するので、脂肪燃焼を促進するようになるのです。

便秘解消効果がある

便秘の原因は、お腹周りの筋肉量が少ない・女性ホルモンが腸の活動を抑えてしまったりと様々な理由があります。

その中に、冷えが原因になっていることがあるのです。

体が冷えていると、お腹周りの血流が悪くなってしまいます。

そうなると、大腸が働くための酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまいます。

このことから、スムーズに大腸が働かなくなり、便秘になってしまうのです。

冷え性を解消することで、便秘改善にもつながり、結果的に痩せやすい身体を作ることができるのです。

熱を作ることができる

冷え性は男性よりも女性の方が多いですよね。

冷え性が多い原因は、男性よりも女性の方が筋肉量が少ないということもありますが、体内の臓器を外の衝撃から守るために脂肪がつきやすくなっているからです。

筋肉はエネルギーを使うので、熱を作りだすことができます。

脂肪は、熱を作りだすことができません。

なので、脂肪がつきやすい女性は冷え性が多くなっているのです。

冷え性という人でも、ダイエットを諦めることはありません。

温活ダイエットをすることで、体の体温を上げて温めることができますよね。

体を温めることで冷え性のときよりも痩せやすい身体を作ることができるのです。

代謝を上げることができる

体温が下がると代謝も一緒に下がってしまいます。

逆に、体温が上がると代謝も良くなります。

血流がよくなることで、体の中のいらない物を排出することができるので、代謝を効率よくさせることができるのです。

代謝を下げる冷えを解消して代謝をアップさせましょう。

温活ダイエット方法!

では、温活ダイエットはどのような方法になるのでしょうか。

体を芯から温める

温活をする効果的な方法は、「お風呂に入る」ことです。

お風呂に入ると、体の芯まで温めることができますよね。

しっかり温まることで体温の高い状態を長く保つことができるので、ダイエット効果も期待できます。

体を芯から温めるオススメの入浴方法は、「半身浴」になります・

温めの38から40度くらいのお湯を、みぞおちの位置くらいまでのお湯に20分ほど入っていることで芯から温まることができますよ。

半身浴の注意点として

  • 食後すぐには入らない
  • アルコールを飲んだ時は避ける
  • 長時間入る時は休憩をはさむ
  • 水分補給を忘れずに

これらのことに気をつけて半身浴で温活をしてくだせい。

熱すぎるお湯は、表面だけ温まって芯まで温まらないので、温度にも注意しましょう。

筋肉量を増やす

体温を上げるのに効果的なのが、筋トレです。

筋トレをして筋肉量を増やすことで、熱生産量が増えるので体温が上がりやすくなるのです。

特別な場所へ行って、特別なメニューをこなす必要はありません。

自宅やスキマ時間に、腕立て伏せや腹筋などをすると良いでしょう。

オススメなのが、スクワットです。

自宅で出来ることからはじめましょう。

有酸素運動をする

ウォーキングやストレッチなど、軽く動く運動をすると血流がよくなり体温を上げる良い方法になります。

毎日必ず1時間する!など無理に行う必要はありません。

朝起きた時、寝る前、テレビを見ている時、歯磨きのときなど・・・体を慣らす程度のことから始めてみましょう。

その他にも、

  • 体を温める食材を摂る
  • 体を温める飲み物を飲む
  • マッサージをする
  • 首、手首、足首を冷やさない
  • 腹巻をする

など、たくさんの方法があります。

温活にはいいことがたくさんある

温活は、ダイエットだけではなく、健康や美容にもとても嬉しい効果があり、健康的に痩せることができる方法です。

温活をしてもデメリットは一つもありません。

ダイエットをしても、痩せにくい、思うように進めることができないという方は、ダイエットと合わせて温活も始めてみてはいかがでしょうか。

温活は簡単に始めることができるので、日常の生活にぜひ取り入れてみてください!

-温活
-,

Copyright© 冷え性改善 研究室 , 2019 All Rights Reserved.