体を温める、おすすめハーブティー

基礎代謝を上げる

代謝を上げると冷え解消になる?

投稿日:

代謝アップで冷え解消

基礎代謝と代謝の違い

基礎代謝は、何もしないでじーっとしていても生命を維持するために息をしたり内臓を動かしたり生命を維持するために必要最低限のエネルギーのことを言います。

代謝は、毎日の活動で必要なエネルギーを作り出すために外部から摂った栄養素を分解することを言います。

活動している時はもちろん、寝ている時もエネルギーが消費されています。

基礎代謝アップする事で、1日に使われるエネルギーを底上げすることが出来ます。

基礎代謝量が高いと、血流が良くなることもあり体の冷えの解消にもつながります

代謝を上げるとどんなメリットがあるの?

代謝をあげることで、身体にとっても多くのメリットがあります!

ダイエット効果

代謝が上がることでエネルギー消費量が増えるので少しの運動量で脂肪燃焼をしやすくなります。

ダイエット目的で、基礎代謝アップに取りくむ方は多いのではないでしょうか。

基礎代謝は10代後半頃がピークで、それ以降は年齢があがるごとに減少していってしまいます。

40代になるとさらに代謝が落ちていくために、太りやすい年代になってしまうんですよね・・・。

20代、30代と比べて、40代で太りやすいのは仕方が無いともいえます。
が、諦めるのはイヤですよね。

40代であっても食生活の改善、筋力アップなどで基礎代謝を維持、代謝アップは十分に可能です。

美肌効果

代謝が活発になることで新陳代謝も良くなり、細胞がうまく入れ替わるので肌や髪にハリやツヤが出てきます。

冷え性改善

代謝アップにより体温が上がるので、冷え性が解消されます。
血液の循環も良くなりますから、手足など末端にもしっかりと血液が回り、体が温かくなります。

さらに、肩こり・むくみ・腰痛・風邪などの病気の予防などにつながります。

冷え性を解消し、ポカポカになるために

冷え性解消のポイントは、とにかく冷やさない生活を心がけることです。

寒い冬の時期はもちろんですが、暑い夏でも空調が調節されている空間や冷たい飲み物、食べ物などによって冷えの症状が出てくるので注意が必要です。

体をポカポカにするには、適度な運動で体を動かす・温かい食べ物や飲み物をとるようにするなど普段から体のすみずみまで血液がめぐる生活をすることを心がけましょう。

また、クーラーがついている所ではカーディガンやひざ掛けなどで冷えから身体を守りましょう。

ダイエットや睡眠不足も冷えの原因になることもあるので注意してくださいね。

スパイスは身体を温める効果がある

スパイスは、少しの量で体を温めてくれる効果があります。

市販のカレールーに、ナツメグ・クミン・八角などを加えると胃腸の働きが良くなり、お腹周りから暖かくなってきます。

飲み物には、シナモンをプラスすると手軽にいただくことができます。

ホットワインや紅茶などをホットでいただくときにプラスしたいのが、シナモンです。

普段飲んでいる飲み物に加えるだけで手軽に温活をすることができますよ。

3首(首・手首・足首)を温めよう

首・手首・足首は、太い血管がヒフのすぐ下を通っているので、3首を温めると全身に温まった血液が効率よくめぐります。

また、大切な臓器が集まっているお腹も温めたい場所になります。

お腹には、腸や子宮などの臓器があるので、冷えているとたくさんの機能が低下し、血流が悪くなり代謝が落ちたり、免疫力が下がったりする原因にもなります。

お腹をポカポカの状態にして温かい血液が巡るようにしておくことで、全身もじんわりと温まっていきます。

冷えているなと感じたら足湯がオススメ!

くるぶしから指3本分上くらいまで隠れるくらいの42℃から45℃くらいの熱めのお湯をバケツや大き目の洗面器などに準備し、足を入れます。

ぬるくなってきたらヤケドに注意しながら足し湯をして、体が温まるまで行いましょう。

自宅にあるものを利用して簡単に行うことができます。

ストレッチやヨガなども効果あり

手足の末端が冷えてしまうのは、体を温める血液を送る作用が末端まで行き届いていないということになります。

運動をして体を動かし、筋肉を使うことで血行が促進されます。

また、適度に筋肉をつけることで代謝が上がりますので、体温も上がることにつながります。

血行を促して体を温めるには、冷えている場所を動かすと良いでしょう。

手や足の指を開いたり閉じたりする、手首をまわす、足の甲を上下に動かすなどその場でできることだけでも効果があります。

休憩中はもちろんですが、電車での移動時や仕事中のスキマ時間などを利用して動かしてみましょう。

足の裏を刺激するのも効果がありますので、青竹踏みなどを利用しても良いでしょう。

また、ヨガは呼吸を大切にしているので、繰り返し行っているうちに血行を促進して身体全体を温める効果があります。

下半身を温かくする

冷えやすい下半身は、下着1枚だけではますます冷えてしまいがちです。

毛糸のパンツを重ね履きしたり、靴下を重ねて履いたりすると寒さが和らぎます。

毛糸のパンツや靴下を重ね履きするときは、あまりきつすぎると血行が悪くなってしまうので、ゆったり履けるサイズを選びましょう。

温かい飲み物をのむようにする

冷たい飲みものは、スッキリして飲みやすいですが、冷え性の方はできるだけ避けたいです。

食事の時に、温かいスープやみそ汁を飲むと身体が自然とポカポカになってきます。

体温を上げる飲み物は、紅茶・しょうが湯・白湯・ココア・ほうじ茶・甘酒・黒豆茶などがあります。

ホットで飲むことで、身体を効果的に温めてくれるでしょう。

コーヒーはブラジルなどの暑い気候などで採れるため、身体を冷やす作用があります。

トマト、ナスなど夏に採れる野菜も体を冷やす作用があるので、食べ過ぎには注意が必要です。

代謝アップしをして冷え性を解消しよう!

冷えは万病のもとという言葉があり、冷えを放置していると、さまざまな病気を引き起こすことも心配されます。

  • 手足の指先が冷たい
  • 上半身は汗をかいているのに、下半身は冷えている
  • 手足が冷えて布団に入ってもなかなか眠ることができない

こんな症状があったら冷えのもととなることを控え、改善するために運動をしたり、温かくなる食材を食べたりして代謝をアップさせて冷え知らずの体を手に入れちゃいましょう。

-基礎代謝を上げる
-,

Copyright© 冷え性改善 研究室 , 2019 All Rights Reserved.