カイロでお腹を温める

冷え症対策

お腹を温める方法

投稿日:

お腹を温める方法

お腹を温める方法についてご紹介しています。
お腹が冷たく感じる・・・という人は、「内臓型冷え性」かもしれません。
内蔵型冷え性は、自覚症状があらわれにくく隠れ冷え性とも呼ばれています。
お腹を温めて、血の巡りを良くしましょう。冷えを放っておくと、様々な不調につながっていく可能性があります。

お腹を温めることで、血液の巡りを良くして健康になる

  • 手足が冷たくてなかなか寝ることができない
  • 最近、風邪をひきやすくなった
  • 肌のコンディションがよくない

このような不調はもしかすると、お腹の冷えが原因の1つかもしれません。

お腹は、健康に直接影響を与える内臓が集まっている場所ですよね。

冷えていると、上手に機能が働かず、スムーズに血液が流れず、代謝が落ちたり、免疫力が低下したりします。

このような症状をそのままにしておくことが、身体が不調になっていくのです。

お腹を温かい状態にして、温かい血液を体全体に巡るようにしておくと、元気でいられるということです。

お腹を温めて、健康にすごしましょう

内臓型冷え性対策、内臓を温めるには

お腹を触ったときに「冷たい」と感じたことはありませんか?

冬は手や身体全体が冷たいので、あまり気にならないかもしれませんが、夏など気温が高い時期などにお腹が冷たいと感じる方もいるのではないでしょうか。

お腹が冷たく感じる・・・という人は、「内臓型冷え性」かもしれません。

内蔵型冷え性は、自覚症状があらわれにくく隠れ冷え性とも呼ばれています。

この内蔵型冷え性かどうか見分けるポイントは、いくつかあります。

チェック方法1

朝起きた時に、布団の中でお腹を触ってみましょう。

ワキの下よりもお腹の方が冷たいと感じたら、内蔵型冷え性かもしれません。

チェック方法2

内蔵型冷え性の症状は、

  • 手先、足先は温かいけど、身体は冷えている
  • 平熱が36度以下
  • 風邪をひきやすい
  • 重ダルイ感じがする

などもあります。

もしも当てはまることがあるのなら、内蔵型冷え性の可能性があります。

内蔵型冷え性の対策は、身体の芯を温めると効果的です。

温かいスープ、白湯や紅茶などを飲むなど、日常から身体を温める食事や飲み物をとることも必要です。

運動をして筋肉をつけることも効果があります。

カイロを貼ってお腹を温める

少しでも毎日続けることが大切ですが、すぐに内蔵型冷え性の対策をできるのがカイロで温めることです。

貼る場所は、下腹部と仙骨が身体全体を温かくしてくれます。

・下腹部
おへそから指4本分下に丹田というツボがあります。

そのあたりにカイロを貼ることで、腸を温めることができます

・仙骨
お尻の割れ目の上あたりにある出っ張った骨、骨盤の中央部分になります。

仙骨を温めると、内臓全体が温まるので体全体が温まってきます。

夏の冷え性対策 夏にお腹を温める方法

夏になると体調があまりよくない・・・と感じるのは、もしかしたら冷え性が原因かもしれません。

冷え性は、寒い時期に女性に多いと思われていましたが、最近では夏の暑い季節や男性も小さい子供にも冷え性で悩んでいる人が増えてきているようです。

夏の冷え性の原因は、クーラーです。

通勤や通学の電車の中、会社の中など、クーラーが効いた場所に長時間いることで身体が芯まで冷えてしまいます。

デパートやコンビニ、スーパーなど、たくさんの場所が冷えています。

また、夏の食事にも冷える原因はあります。

冷たい飲み物、食べ物、アイスクリーム、キンキンに冷えたビールなど、毎日冷たい物を食べたり飲んだりすることが多くあります。

夏にも冷える原因が多くあるということなのです。

クーラーや冷たい食べ物や飲み物など、夏だからこその冷えの原因も、少しだけ意識した生活をするだけで体が温まるようになってきます。

食べ物、飲み物の温度に気をつける

暑いときは、冷たい食べ物や飲み物が欲しくなりますが、冷えが気になるのなら常温か体温以上のものを飲んだり食べたりするようにしましょう。

冷たい食べ物は、体を冷やす第一の原因になります。

普段飲んでいるものを常温にするだけでも、体温は変わってきます。

食事時にスープやみそ汁をプラスする

食事のときに、温かいスープやみそ汁を食べるようにしましょう。

一口飲むたびに、体の中からジワジワ温かくなってきます。

湯船に入る

体が冷えているときにベストな温度は、39度~40度の少しぬるめになります。

15分から20分程度、ゆっくりと入ることが理想です。

おでこがほのかに汗ばんできたら、体の芯が温まってきているので、それを基準として入浴するとよいでしょう。

お風呂上りは、風邪をひかないように早めに髪を乾かして、冷えないようにしましょう。

体が温まって、冷たい物を飲みたくなっても我慢です!

せっかく温まった体が冷えてしまいます。

肌着は丈長を選ぼう

夏は汗をかくので、肌着選びはとても大切です。

冷え対策をするのなら、夏でも丈が長い肌着を選びたいです。

座ったときに腰が出ていないか、お腹のカバーはできているかなど確認しましょう。

気温が高ければ高いほど、建物の中との気温差が大きくなるので、カーディガンなどを持っていると便梨です。

冬の冷え性対策 冬にお腹を温める方法

寒い季節になると、手先や足先が冷たくなってきませんか?

気温が下がると、身体も冷えを感じやすくなってきますよね。

冬に気温が下がって冷えを感じることなく、寒い季節を快適に過ごすにはどのような対策が効果的でしょうか。

手軽にできる冬の冷え性対策は、肌着や洋服などのアイテムを工夫して着ることです。

ポイントを抑えることで、何枚も重ね着する必要はありません。

インナー・・・1枚肌にフィットするインナーを着るだけで体に感じる温度が約1℃高くなります。
レギンス・・・下半身を温めることで、身体全体が温かくなってきます。
靴下・・・5本指ソックスがおすすめです。指をそれぞれ動かすことができるので、血流をよくすることができます。
マフラー、レッグウォーマー・・・首、足首、手首の3首は、太い血管が肌のすぐ下を通っているので、そこを温めることで全身を効率よく温めることができます。
腹巻・・・お腹を温めると内臓も温まり、胃腸の働きが良くなります。
カイロ・・お腹や腰など、冷えている場所を直接温めることができます。貼るタイプが便利ですが、肌に直接貼らないようにしましょう。

冬の冷え性対策は、本格的に冬になる前から始めるのがベスト。

できるだけ秋から冷え性対策をすると、寒い冬を乗り切ることができますよ。

早めに対策をすることで、冷えから身体を守ることができます。

毎日の寒さを、あったかアイテムを利用して乗り切りましょう!

お腹の冷えは、体の不調を引き起こす原因にもなります。

毎日のちょっとしたひと手間で、体は温まり、冷え性解消につながっていきます。

体が温まると心も温まり、おだやかな気持ちですごすことができますよ。

-冷え症対策
-,

Copyright© 冷え性改善 研究室 , 2019 All Rights Reserved.