温活

冷え症対策

お腹が冷える時の改善・対策方法

投稿日:

お腹が冷える時の対策

お腹が冷えてしまった時、どうやって温めたら良いでしょうか。
冷え性と聞くと、手先や足先が冷えている「末端型冷え性」と連想する方が多いのではないでしょうか。
ですが最近では、手足は温かいけど内臓が冷えている「内蔵型冷え性」の人も増えてきています。
内蔵型冷え性は、手足は温かいのにお腹を触ると冷たいという症状になります。
お腹を触って冷たいな・・・と感じたら、もしかすると内臓が冷えているのかもしれません。
お腹が冷えるときの改善方法や対策方法を知っておきましょう。

内臓が冷える理由

手足は冷たくないのに、身体の内側にある内臓が冷えているというのは、どうしてだろう?と疑問に感じてしまいますよね。

内臓だけがどうして冷えてしまうのでしょうか。

内臓の冷えの原因はいくつかあります。

筋肉量の不足

手足の冷えでも内臓の冷えでも、原因は血液の流れが悪いことがあげられます。

筋肉量が少なければ、血液をスムーズに送ることができなくなってしまうので、血液が滞ってしまい、内臓が冷える原因になるのです。

女性は男性に比べて筋肉量が少ないので、内臓型冷え性のリスクが高くなります。

ストレス、生活習慣

冷えの大きな原因の1つにストレスがあります。

私たちの生活の中で、精神的なストレスや身体的なストレス、不規則な生活などは自律神経が乱れがちです。

  • 人間関係や仕事などの悩み
  • 不安など精神的なストレス
  • 気温・音・過労などの身体的ストレス
  • 寝不足
  • 食生活の乱れ
  • 更年期などの自律神経の乱れ

などがあります。

なにかと忙しい私たちの生活には、自律神経を乱す要因がたくさんあります。

自律神経は体温調節をする働きがあるので、この自律神経が乱れると体温調節ができなくなってしまうのです。

また、自律神経は血液の流れも調節しています。

自律神経が働かなくなれば、血液もスムーズに流れなくなり、冷えの原因になります。

ダイエットが原因の冷え

もとから少食という人もそうなのですが、食事制限をするダイエットが原因でカロリーが足りなくなっているということも冷えの原因になります。

カロリーオーバーだと肥満の原因になりますが、運動量を増やさないで低カロリーで少ない量の食事をしたりすると、代謝をあげたり、身体を温めたりするための栄養が足りなくなります。

極度の食事制限をすると、栄養が不足するため代謝が悪くなり、脂肪が燃えにくくなると、体が冷えて痩せにくくなるのです。

体を冷やす食べ物や飲み物

内蔵型冷え性は、体質や筋肉や血流、熱量などが原因だけではなく、食べ物などで直接冷やしてしまっているということが多いようです。

特に夏は、気温が高くなってくると、冷たいジュースやビールなどを飲みすぎたり、アイスなどを食べ過ぎたりしてしまうことがあります。

体を冷やす食材も、思っている以上に多いです。

春先から夏に向かってお腹を壊しやすい人は、冷たい物を食べすぎたり飲みすぎたりする内臓の冷えが原因かもしれません。

他にも、野菜や果物、常温の食べ物でも体を冷やしてしまうものがあるので注意が必要です。

夏が旬の食べ物は、体を冷やすものがたくさんあります。

生で食べると内臓が冷える原因になるので、温かくして食べるなど工夫が必要です。

お腹の冷えを改善するには

内蔵型冷え性は、別名「隠れ冷え性」とも呼ばれています。

なかなか自覚しにくい症状なので、気づかないうちに深刻化してしまうことも。

内臓の冷えがひどくなり、体のいろいろな場所に影響が出てくる前に、なるべく早めに対処することをオススメします。

「身体を冷やすことはしない!」

ということがやはり大切となりますね。

内臓型冷え性の方の中には、冷たい飲み物を飲んだり、アイスを食べるとお腹を下してしまうということがあるはずです。

暑い季節になると、どうしても冷たい物を食べたり飲んだりしたいですよね。

ですが、そこは我慢です!

飲み物は、常温か温かい物を飲むようにしましょう。(熱中症などの危険があるときは別です)

どうしても冷たい物が飲みたい時には、屋外に長い時間いたり、スポーツをしたり、お風呂に入った後など、体が温まっている時にしましょうね。

夏が旬の野菜や果物は、たくさん食べないように気をつけましょう。

野菜は温野菜やスープにして温かくして食べるようにしましょうね。

よく噛んでゆっくり食べるようにすると、体が自然に温まってきます。

また、お腹いっぱいになるまで食べないで、腹八分目を目安にしましょう。

夏でもお湯につかろう

暑い日が続いているとお湯に入らずにシャワーだけにするという人も多いと思いますが、内蔵型冷え性の人は、ゆっくりとお湯につかるようにしたいです。

体が温まるだけではなく、血流がスムーズになるので冷え性改善に効果があります。

ホカホカグッズを活用する

根本的な改善方法にはなりませんが、カイロや腹巻を活用するのも効果があります。

お腹と仙骨の部分にカイロを貼ると、体がポカポカとしてきます。

腹巻は、夏には通気性がよく吸水性に優れているシルクがオススメ。

薄手だけどしっかりとお腹を温めてくれますよ。

冬には、モコモコの腹巻で温めても良いですね。

上質な素材、パンツタイプ、可愛いデザインなど、たくさんの種類があるのでお気に入りの一枚を見つけてください。

運動をして筋肉をつける

内臓型冷え性の人は、疲れやすいので体を動かすのが面倒になりがち。

そのようなことから、運動不足→筋肉不足→さらに冷えるという負のスパイラルが成り立ちます。

筋肉は、全身に血液を送るためのポンプの役割をしています。

筋肉量を増やさなければ、内蔵型冷え性の解決にはつながりません。

  • ストレッチ、ヨガ、スクワット
  • ウォーキング
  • 階段を使う
  • 家事や休憩時間にかかとの上げ下げや足首回しなど

あなたに合った方法と運動量を、少しでも毎日続けられることから始めてみましょう。

お腹の冷えには生活習慣の見直しが必要

あったかグッズを使って温めるだけの冷え性改善方法は、一時解決するだけでしかありません。

根本的な解決をするには、食生活・睡眠・休息・運動など、生活習慣を見直すことが大切です。

冷えは、血液の流れが悪くなることで引き起こされます。

血流が悪くなるのは、運動不足やストレス、栄養不足や食べ過ぎ飲み過ぎなどで体を冷やさないということも重要です。

ホカホカ生活を目指して、血流を良くして身体を冷やさない!

そんな毎日を送るようにしてくださいね。

-冷え症対策
-,

Copyright© 冷え性改善 研究室 , 2019 All Rights Reserved.