冷え性改善の方法とは

冷え性 改善出来る?

女性に多く見られる冷え症。

冷え症はしっかりと対策を取ることで改善する事が可能です。
少しでも冷え性改善をしていきましょう!

当サイトでは冷え性改善の方法、食事や運動、入浴法など情報をまとめて掲載をしています。

空気が冷たくなり始める時期、10月頃から冷え性の症状が気になり始める方も多いと思います。

最近だと男性も冷え性の方も増えてきていますね。
夏場の冷え性も問題にされている方も多いのではないでしょうか。

手や足の冷え、我慢できるから・・・と思わずにしっかりと冷え症対策をすることが大切ですね。
対処せずに我慢していると、様々な症状を引き起こしてしまいます。

日常生活が辛くなるような症状に繋がることもあり得るため、冷え性の症状を自覚されているようでしたら、ぜひ参考にして頂いて冷え症対策をしてみてくださいね。
冷え症は

冷え性とは

冷え性(冷え症)とは、

「手や足など体の末端への血液の流れが悪くなり、手足を中心として身体が冷えた状態」

になることを言います。

冷え性の多くは手足の末端に血行障害が起こった「末端冷え性」と言われています。

冷え症は女性に多い症状と言われてきましたが、最近では男性の冷え性も増えているそうですからもしかして、という男性も注意してみてください。

放っておくと、仕事に差し障りが出る可能性もありますよ。

初期症状である手足の冷えの間に、冷え症改善を!

手足の冷え症は初期症状、と言われています。

手足の冷えの次に来るのは「腰やお腹の冷え」だと言います。

冷え症は放っておくと様々な不調を引き起こしてしまいますからね。
出来る限り、手や足の冷え症状が自覚できた段階で、早めに改善・対策をされることをおすすめします。

冷えによる不調は、例えば次のような症状を引き起こす可能性があります。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 肌荒れ
  • 風邪を引きやすい
  • 胃腸の不調
  • 不眠
  • トイレが近くなる
  • 便秘
  • 下痢
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 疲労感

など様々な不調の原因となりますし、もっと深刻な症状を引き起こす可能性もあるようです。

身体が冷えて体温が1度下がることで、免疫力はなんと30%も下がると言われています。

逆に言うと、冷え性を改善して体温が上がれば、免疫力がアップして病気などにもかかりにくくなりますね。

冷え性解消は、健康な生活を送るためにもとても重要な事!
と言えますね。

冷え症の自覚があるのに我慢していてはいけません。

すぐに出来る冷え対策もありますし、日常生活で取り入れる事が出来る冷え対策、食事から行う冷え症改善など方法も色々とあります。

全てを取り入れる事は難しいですが、ライフスタイルの中で無理なく実行できる冷え症改善の方法は、ぜひお試しになってみてくださいね。

私も冷え症改善のために実践して効果があるものもありますし、これから試してみたい対策や冷え症グッズ、アイテムなどもたくさんあります。

それらもご紹介をしたいと思います。

冷え性の原因とは

手足など冷え症となる原因にはいくつか種類があります。

自律神経の乱れ

ストレスや不規則な生活により、体温調節を行う自律神経の乱れが生じることもあります。

エアコンやクーラーは今では家庭、職場、飲食店、スーパーなどどこに行っても当たり前になりましたが、快適な温度が得られるので大変便利ですが、快適な温度環境にあることで「体温調節をしなくても良い」ことになり、自律神経が弱くなると言われています。

また室外、室内の温度差も大きい夏場、冬場と冷え性が増えるのはこうした事も関連しているといえるでしょう。

夏の冷え性も問題になっていますよね。

筋肉量が少ない

筋肉量が少ないと、発熱量が少なくなりますし血液の循環も悪くなります。
そのため、男性と比べて女性の方が冷え性の方が多い理由としても挙げられることが多いです。

運動不足の方も筋肉量が少ないために冷え性になりやすいと言われています。

ダイエット

食事制限によるダイエットを行っても、筋肉量が減るために冷え性になる可能性もあります。

痩せるために、

摂取エネルギー < 消費エネルギー

にするためには食事制限をしたり、野菜など偏った食事にする方法が手っ取り早いです。
しかし、こうしたダイエット方は筋肉も減らしてしまうために、基礎代謝も落ち血液の流れを悪くしてしまう可能性があります。

過度なダイエットは貧血も引き起こすこともありますので注意が必要です。

もしダイエットをするのであれば、3食しっかり取り運動やトレーニングを取り入れる方法がオススメです。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの乱れにより、冷えが起こる事もあるということです。

冷えることで、女性ホルモンの不調に繋がることもあるということで、密接に関連しているとも言えそうですね。

特に女性は更年期には女性ホルモンの分泌が急激に減る時期ということで、自律神経の乱れが出やすいのだそうです。

血行、血液循環の悪化

血行が滞ったり、血液循環が悪化すると冷え症に繋がることもあります。

補正下着、寒いからと靴下を2枚履き、3枚履きしてかえって締め付けて血行が悪くなってしまっていたり、きつめの下着を着用していたり、といったことで血流が悪くなっている可能性があります。

すぐに出来る冷え性の改善方法

手軽にすぐ出来る冷え性改善の方法に絞って、ご紹介をします。

軽い運動、ストレッチ

運動をすることで血流が良くなります。
激しい運動をする必要はありません。

ストレッチをしたり、歩幅を大きく開いてウォーキングをしたり。
ツボを押すのも効果的と言われます。

血流が良くなることで手足の末端までしっかりと血液循環することになり、温まる事に繋がります。

首、手首、足首、お腹を温める

冷えている手先、足先を温めることも大切ですが、それ以上に首、手首、足首、お腹を温めることが重要です。

首、手首、足首、お腹を温めることで、前進を効率良く温めることができます。

手足の指を動かす体操をする

今すぐできる冷え性改善の方法として、手足の指を動かす体操もオススメです。

グッズも何もなくても、いつでもどこでも出来ます。

ツボ押し

身体にはツボがたくさんありますが、その中には手足の冷え改善に効果があると言われるツボもあります。

代表的なのが、親指と人さし指の付け根の間にあるツボである「合谷(ごうこく)」です。

ツボ押しも、思い出したときにいつでも出来ますのでオススメの冷え改善に効果ができる方法となります。

冷え性改善におすすめの食べ物

冷え性改善に効果がある食べ物もありますから、日常の食生活にぜひ取り入れたいですね。

合わせて身体を温める食材についての知識を身に付けて、ランチや夕食に外食をしなくてはならない時も、出来るだけ身体を冷やさない食材を使っている料理、定食などを選びたいものです。

ここでは、代表的な身体を温める食材についてご紹介をいたします。

梅干し

梅干しです。
ご自宅に常備されている方も多いのではないでしょうか。

カリウムも多く含まれている食品ではありますが、塩分も多いために体を温める食材とされています。

生姜(しょうが)

生姜にはジンゲロールとショウガオールという辛味成分が含まれています。

ジンゲロールは主に血行を良くしてくれる働きがあります。

ショウガオールは、体の芯の部分に熱を作り出し温めてくれます。

食べ過ぎると胃に負担を掛けすぎてしまう生姜ですが、食生活には是非取り入れて身体を温めたいですね。

チューブタイプの生姜は手軽に活用出来ますのでオススメです。

ニンニク

ニンニクは交感神経を刺激する効果があります。
毛細血管を広げ、血流が良くなる食材です。

血行が良くなりますから、冷え性改善の効果も期待できることになります。

またニンニクにはアリシンという成分も含まれており、これは血液サラサラ成分です。

そのためより冷え性改善にはピッタリの食材、ということになりますね。

冷え性改善おすすめサプリ

冷え症改善の方法として、身体を温める効果のある成分が含まれた「冷え改善サプリ」「温活サプリ」を活用する方法も手軽でオススメの方法です。

毎日、3食しっかりと身体を温める食材を摂るのは大変ですよね。

ニンニク、生姜、梅干しを食べて。

他にも先ほどは挙げませんでしたが、身体を温める食材として、人参、ゴボウ、レンコン、たくあん、タマネギなどを食べるお茶も飲む、となると大変です。

食材だってそのまま食べるのではなくて、調理をして食べますからレシピを探すのも大変です。
今日は食事内容からして温活食材は使えない・・・といった日もあるでしょう。

サプリメントは2,3粒をサッと飲むだけですから、忙しい毎日でも続けやすいことが利用するメリットですよね。

人気の「冷え改善サプリ」「温活サプリ」としては、

・金時生姜プレミアム
・ウルトラ蒸し生姜サプリ ぽかりん
・オリヒロ 金時しょうが もろみ酢
・空と風と大地の金時しょうが

などがあります。

身体を温める成分を配合したサプリメントはたくさんの種類が販売されています。

合う・合わないはありますので、格安のお試し価格で買えるものなどは試してみてはいかがでしょうか。

増える、男性の冷え性

男性の冷え性も増えていると言います。
今までも気づいていなかっただけ、という男性も多いかもしれませんね。

冷え症の原因はいろいろなところに潜んでいます。

男性の場合にはつい衣服やエアコンの調節をしないで、少し肌寒い中で仕事を続けたり、薄着で外出したり、といったこともあるのではないでしょうか。

デスクワークの男性は特に動きが少なく、身体も冷えやすいといえます。

また、立ち仕事の方でも動きがそれほど多くは無い場合には、気づいたら手足が冷えていて・・・といったこともあるようです。

男性も冷えが原因で体調を崩すこともありますし、放っておくと重大な病気に繋がることも考えられます。

身体の冷えに鈍感にならずに、冷え性対策はおこなっていくことが大切ですね。

おすすめ冷え性対策アイテム・グッズ

手軽にできる、おすすめ冷え性対策アイテム・グッズをご紹介します。

・冷え取り靴下
・レッグウォーマー
・足の冷えないスリッパ
・電気ひざ掛け
・湯たんぽ
・入浴剤
・ブランケット
・カイロ

秋、冬に悩む方も増えるであろう冷え性。
(私も毎年悩んでますが)

冷え性改善の方法、おすすめ冷え症対策アイテム・グッズなどご紹介をしています。

手軽に取り入れる事ができるものを中心にご紹介していますので、ぜひ参考にしてみていただけると嬉しいです。

Copyright© 冷え性改善 研究室 , 2019 All Rights Reserved.